カナ時々トム

トムとカナが思ったこと、書きたいことを綴っていくブログです。ヒッチハイクの経験なども書いてます。

書評「モリー先生」との火曜日」

どうも。カナです。

今日紹介する本はミッチ・アルボムのモリー先生との火曜日という本です。

 

この本は映画化もされており、多くの人が知っている有名な作品だということに最近気付きました。笑

読んでみた感想は「モリー先生と出会いたかった⭐️」というのが一番に思ったことです。

 

この本はALSという病気に侵されたモリー先生がかつての教え子で著者のミッチに最後の講義を行い、その内容を本にまとめたものになります。

講義の内容は死・家族・結婚・お金・老い・許し。人生においてもっと難しいと思われる内容について。

 

モリー先生の言葉には、誰しもが心を打たれると思います。

人生の考え方の指針にするべきものだと感じました👍

 

僕の心に残った言葉をいくつか紹介します。

「お互いに愛せよ、さもなく滅びあるのみ」

「自分が人にあげられるものを提供する」

「愛はいつも勝つ」

「死で人生は終わる、繋がりは終わらない」

 

どの言葉も簡単には理解できず、熟考が必要な言葉になります。

この言葉の真相を人生で見つけるのはまだまだ先のことになりそうです。

 

しかし、必ずやたどり着きたい境地の考えであることは間違いありません。

そのためには人生の意味や本当に価値あるものを自分自身で作り出し、騙されないことが必要だと思いました。

メディアや広告が幸せだと思わせるような幻覚に陥ってはいけないと教えてもらいました。

 

そして、このこの本は大事な人の死を想像させてくれます。

両親や兄弟、祖父母、人生のパートナー 彼らにも必ず死が訪れる。もちろん自分にも。

それが自然なことである。

今日話すのが最後の可能性がある。もう会えない可能性もある。

大事な人との関わり方、考えさせてくれます。

これが一番この本を読んで、価値があったと自分は思いました。

みなさんもぜひ読んで人生について考える貴重な時間作ってみてはいかがでしょうか?

f:id:ytomoyan:20180424132441j:plain

 

 

書評「君の膵臓を食べたい」

どうも。カナです😚

今日紹介する本は「君の膵臓を食べたい」

これに関しては、今頃と思うかもしれませんが

その通り、今頃です。

正直この本最初はあまり興味なかったのですが、すごく騒がれていたので

なんか逆に読まなくて良いかなって思ってしまっていました。

しかし、ある日電車に乗っていたら、近くでこの本を話しをしていて

カップルだったのですが、男の子が「めっちゃ面白いから読んでみて」と熱く話していたのです。それを聞いた僕は急に読みたくなってしまい⭐️

即アマゾンで購入しました👍

 

そして、この本

電車の男の子が言っていた通り、面白い

1日で読めました。

案の定、大泣きしました( ;  ; )

最後は裏切られましたね。

これの内容はあまり触れません。

とにかく「めっちゃ面白いから読んでみて」

この本も送料のみでお譲りしますので、ご希望の方はコメントお願いします。

f:id:ytomoyan:20180406103707j:plain

 

書評「社員をサーフィンに行かせよう」

どうも。カナです( ^∀^)

今日紹介する本はイヴォン・シュイナードの「社員をサーフィンに行かせよう」

イヴォン・シュイナードはあの有名なアパレル企業パタゴニアの創業者です。

僕もパタゴニアは大好きで愛用しているアイテムが何点かあります。

そのパタゴニアの歴史とビジネスの方法が書かれた書になります。

 

パタゴニア知っている方多いと思いますが、ロゴがすごく良いんですよね。

f:id:ytomoyan:20180406085127j:plain

可愛くないですか?

おしゃれな人にも人気があるのも頷けます。

 

しかし、真のパタゴニアの価値はもちろん可愛いだけではありません。

環境問題がかなり話題になっていますが、パタゴニア社はその問題を解決するために多くの時間と労力を使ってきました。

今では環境に配慮する企業が増えましたが、パタゴニア社は創業当時から環境問題を解決するというミッションに挑み続けています。

真の豊かさは健康な地球があってこそ、地球がなければ人間も動物も生きれず、ビジネスどころではないのだから、当然のことだとシュイナードは述べています。

確かにそう言われたらそうですよね。地球という大きな家に住んでいるわけですから、その地球が不健康になれば人間も多大な代償を払わなければならなくなる。

かなりシンプルなことになります。

 

環境問題だけでなく、働き方もパタゴニアからは学ぶことが多くあります。

パタゴニアにはアウトドアスポーツを愛する従業員が多くいます。

サーファー、スキーヤー、クライマー、フィッシャーなどがその典型ですが、

良い波が来ているときは、仕事は午後からにしてサーファーは海に出ます。

それを快く見送ってくれるサーファーではない人たちがいます。

「今日良い波だから、行ってきなよ」「ほんと?行ってくるわ🏄」

このような素敵な会話があると思うと良い会社だなと心から思います。

日本ではあまり考えられないですが、彼らはそれが普通なのです。

「なんで、良い波が来てるのに仕事なんてしてるんだよ。」

「クライミング日和なのに、オフィスで何してるんだよ」

こういう方が当たり前なのかもしれません。

ワークよりライフが重要ということなのでしょう😚

 

この本は日本の経営者やこれから事業を興す方

そういった方にオススメしたいです。

企業が続くにはもちろん理由があります、そのヒントこの本は与えてくれるかもしれません👍

f:id:ytomoyan:20180406101915j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書評「地球は「行動の星」だから動かないと何も始まらないんだよ

どうも。カナです😚

今日紹介する本は超有名な斎藤一人さんの本になります。

ブックオフで題名に惹かれて即買いしてしまい、すごく読みやすく一日で読めました👏

 

成功の方法をわかりやすく、そして楽しく書かれている本になっていました。

生き方についてすごく勉強になる本になります😺

 

最初に書かれていることは、夢について

夢を夢のままで置いていてはいけない。

夢を目標に変える、その目標を叶えるためにできることを精一杯やること

精一杯というのが大事。

どんなに小さなことでも精一杯やる。こんなこと誰でも分かっているとは思いますが、これが誰もができないこと。

だからこれができると大きく変わる。

夢の方から近づいてくる現象が起こるそうです。

立てる目標はうんと小さくすることがコツ。

大きな目標にすると、それを達成できない可能性が大きければ大きいだけ膨らみます。

そして、落ち込んだ挙句やらなくなる。

であれば、小さな目標をクリアしていき勝ち癖をつけることが大事だそうです👍

大きな目標があることもいいことですが、それと同時に小さな目標も設定してみるといいかも。

 

 

結局のところ、行動して改良していく

これ以外の近道は存在しない。と一人さん仰っています。

あとはまず自分のために頑張ることだそうです。

人のために頑張る前に自分のために

自分のために頑張っていたことが気づいたら人のためになるそうです。

人の為と書いて偽になる

まずは自分のために頑張ろう👋

 

もう一つのコツは人に親切にすること

一日の終わりに今日は人に親切にしたかなー?と一人さんは反省の時間と言うのでしょうか。そのような時間を持つそうです。

人に親切にしていると必ずそれが回り回って返ってくる。

人生はやったことが帰ってくるものだそうです。

みなさんも人に親切に接することを心がけてみてはいかがでしょうか?

ただし、見返りは求めてはだめ。無償の愛で行うのがミソみたいです。

 

非常に精神の勉強になる本でした。ぜひ見習って行動できるようにしてきたいと思います。

こちらの本も送料のみでプレゼントいたしますので、ご希望の方はコメントお待ちしてます😚

f:id:ytomoyan:20180329221835j:plain

書評「自分の時間」

どうも。カナです😊

今日紹介する本は、著アーノルド・ベネットの「自分の時間」

 

この本は時間について、今一度深く考えさせてくれるはずです。

人々に与えられた時間という資産の使い方をもう一度深く考えてみましょう。

 

誰でも今日という日を生きる限り、24時間を平等に与えられる、これには例外がない

富める人も貧しき人も必ず一日は24時間、この時間をいかに上手に使うかは人生の成功の最低条件である。

本の中で書かれている内容は、全ての人々に役に立つことでしょう。

書かれている内容を何点か抜粋します✌️

 

①起きるのを1、2時間早くする

出来たらいいことはわかってるけど、疲れてるし、もっと寝たいしヤダ

その気持ちすごくわかります。僕もそうです😆

しかし、夜の時間にやるより朝起きて一杯水を飲んで、排泄を済まして

自分の目標に向けた活動を行なってみてください。

英語の勉強でも、資格に向けた勉強でも、

夜よりも圧倒的にはかどります。

夜にやるからいいやと思っている方々もいるでしょうが、朝にやってみて効果を試してみてください。

朝の方がはかどる人多いはずです。

それでも夜の方がはかどるという方は夜にやった方がいいでしょう。

朝の方がいい

その理由はシンプルで仕事で疲れて帰ってくるから。

体も脳も疲れていると、やる気も集中力もなかなか維持するのが難しいです💦

最初は30分でもいいので、勉強や活動は朝に行いましょう。

朝の1時間は夜の2時間の価値になります😋

 

②頭(脳)の働きをコントロールする

頭というものは使わなければ、衰退して行きます。

逆に使えば使うほど、頭のレベルは上がって行きます。

もちろん、誰もが知っていますね。

レベルを上げるということには頭をコントロールすることも含まれます😁

頭(脳)を磨く(コントロール)というのは難しいでしょう?と思う方々もいるかもしれません。

その通り難しいです。

ただ、これは全ての人がやる必要があります。

自分の人生を諦めた人であれば、別ですがそんな人はいないと仮定しますので、全員です。

オススメのやり方は朝、通勤のために家から出たら、駅に着くまでの時間に一つのことだけを考えること。

なんでもいいです。親しい人に誕生日が近い人がいれば、プレゼントやサプライズなど考える。仕事についてのアイデアを考える。朝勉強したことを反芻する。

本当になんでもいいですが、他のことに間違いなく意識が持って行かれますので、そうなったときはすぐに意識を元考えていたことに戻す。

これがうまくなってくると、脳がコントロールでき、必要な時にしっかり使える頭になる。

毎日の生活の質も変わってくるみたいです😏

 

書いてあることはシンプルでわかりやすいですが、この本を読んで実践に移す人がどれだけいるかは?

1割いたらいい方だと思います。

将来必ず、目標を叶えたいんだー✊という人で時間について悩んでる方にオススメです。

本自体はとても読みやすく、ページ数もそこまで多くないので苦なく読めるはずです。

この本も一冊プレゼントしますので、コメントお待ちしています👊

f:id:ytomoyan:20180325080308j:plain

それではまた👋

書評「夢の回想録 高田賢三自伝」

どうも。カナです。

今日紹介する本はファッション業界を長く牽引してきた人物

高田賢三」の自伝本です。

 

ファッションが好きな人で知らない人はおそらくいないと思いますが

知らない人でもこの人の自伝は人生の役に立つはずです。

劣等生だった学生時代から、一流のデザイナーになるまでの物語は読む人々に勇気とヒントを与えてくれるはずです。

 

高田さんの成功を本を読んだことだけで分析すると

一番は行動力、そして負けん気が強いこと

行動力のエピソードはパリにて自分のデザインの評価を聞きたいと思い、恥ずかしながらデザイン画を有名店に自分の足で売り込みに行ったこと、そして5枚ほど買い取ってもらった。並みのメンタルではファッションの都パリで無名のデザイナーが英語もフランス語も話せない状況で売り込みにいくなどバカげているかもしれないが、高田賢三という男はやってしまう。そして成果を上げてしまうのだ。

 

負けん気の強さは、高田さんの文化服装学院での同期の存在が大きい。

高田さんの同期は「花の9期生」と呼ばれ

コシノジュンコ

NICOLEの松田光弘

ピンクハウス金子功

ファッション界を牽引することなる錚々たるメンバーが名を連ねていた。

特に意識していたのはコシノジュンコで彼女がお店を開けば、負けていられないとやる気をメラメラ燃やす様子が本を読んでいて伝わってきました。

この負けん気の強さが彼を一流のデザイナーに押し上げたのだと僕は思います。

この世界に限らずどの世界においても、行動力、負けん気の強さは重要な点だと思いますが、

そんな高田賢三さんの自伝に興味がある人はぜひ読んでみてください👋

何か大きな目標がある人、ファッションの世界で活躍したいと思う方にオススメです。

たくさんのヒントがあり、人生に役立つこ
とになるでしょう。

この本も一冊早いもの勝ちでプレゼントします。

送料のみ負担お願いします。コメントお待ちしています。

f:id:ytomoyan:20180320084110j:plain


 

 

 

書評「自分を鍛える」

こんばんわ。カナです😙

今日紹介する本はジョン・トッドの「自分を鍛える」

 

この本は人間として高いレベルへ向かうための指南書となっています。

ひとかどの人間になるためには、どのようなことに注意する必要があるかが詳しく書かれています。

書かれていることを3つほど紹介します。

もし、将来成功したい、自分が目指している目標を叶えたいと思う方は読んで実行してみてはいかがでしょうd(^_^o)

どれもシンプルですが、実行するのは意外と難しいはずです。

 

①朝は早く起きる

朝の時間はとても貴重、朝の仕事量や勉強量によってその一日の価値が決まる

それにはまず、前日にしっかりと計画立てることから全てが始める。

計画を立てておくことで、そうでないとき場合よりも驚くほど多くのことが一日でできる👍

 

②読書は精読

たくさん本を読む人がいるが、その割に何も知らないということが多い。

これは読んだことが記憶として定着しないため、読んだという事実しか残らない

これでは読書の時間は無駄となる

読書は一節ずつ入念に読み、理解してから次に進む

これには、想像通りかなりの時間がかかるが結局忘れるくらいであれば

長い時間をかけて、自分の知識としてしっかり頭に入れる。

これが一番近道なのだ。

 

③運動は毎日する

運動をしない人の方が圧倒的に多いと思う

理由は様々だと思うが、仕事や勉強で運動どころではないと思った方々がいれば

今すぐ、生活に運動を取り入れてほしい

一ヶ月もすれば、運動の効果が現れるはずである

運動は脳をリフレッシュさせ、仕事や勉強を集中させてくれる

そして、効率が良くなり結局運動に割く時間を削っていた時より、進みが早くなるはずである。

運動毎日規則正しく行うことが大切🏄

 

自分の習慣をよき方向に変えたい思う方はこの本はオススメです🤚

f:id:ytomoyan:20180319000408j:plain

 

こちらも一人の方にプレゼントしますので、コメントお待ちしてます。

送料費のみ負担お願いします。

 

それではまた👋